新薬の開発ラッシュで、未経験者の転職はむずかしくなる?

新薬の開発ラッシュであってもなくても、未経験者の転職は昔から狭き門です。

将来を心配するより、機が熟しているなら早く転職すべきです。

・現代の製薬ラッシュは10年前の成果物。

新薬の開発ラッシュといいますが、新薬の開発は簡単にできるわけではないので、いまラッシュを迎えているとしたら、10年近く前からの研究が実った成果物ということになります。

今後未経験者の転職はよりむずかしくなるか?その可能性は十分にあります。

ただし製薬は製薬でも、MRのような職種であれば、転職者でも未経験者でも、関連するフィールドは広がっています。

・製薬関係と異聞はどこでマッチングするか。

転職希望者が異なる業界に転職する場合、真っ先に確認すべきことは、転職先の製薬関係の会社と自分の経歴がマッチングするかという店です。

ある意味で転職はカード合わせのようなものですから、自分のキャリアを役立てられる会社であることが大事です。

未経験者の転職など昔からむずかしいものです。

そうした心配より、どのような自分であれば会社に貢献できるかを考えましょう。

・転職希望である自分が、製薬関連業界の今後や転職事情の将来を心配しても無意味です。

マッチング策に集中しましょう。

昔も今も。

製薬関連への転職は狭き門です。

だからといって未経験者の自分が尻込みする必要もありません。

いままで他業種で培ってきた自分の武器や専門分野の面白さ、醍醐味について積極的に語ってみましょう。

製薬会社への転職で未経験者がもっておくべき業界の認識は?

製薬会社は即戦力を求めています。

転職者なら補強要員です。

しかし“未経験でも”となると疑問が湧いてきます。

自分の気持ちを素直にぶつけてみましょう。

・業界の様相と製薬・会社のテーマとは。

製薬会社へ転職する際に、たとえ未経験者でももっておくべき認識には3つのポイントがあります。

1つはM&Aも含めて、製薬業界はいまどんな状況にあるかということ。

2つめは未経験である自分に、転職先の会社から何が求められているのかということ。

そして3つめは2つめとリンクしますが、会社にはどのようなテーマがあって、自分はどんな会社貢献ができるかということです。

・未経験の自分を面談する理由は何なのか。

未経験者であっても製薬会社が面談に応じるということには、それなりの理由があります。

まして転職者なので、普通に考えると自分を採用する会社側のメリットなど何もないはずです。

ネットにある応募要項だけでは見えてこないものをつかむ努力もしておきましょう。

そして自分のこれまでの経歴や専門分野でのキャリアなども見直しておく必要があります。

面接担当者は、そこから「あなたは弊社で何をしてくれるか?」といった質問をしてくるはずです。

・自分がしたいこと、転職に至った理由などは短く答えましょう。

こちらから「どんな人材を求めているか」を聞くのも効果的です。

一方的に答えたりしゃべったりするだけでは熱意は伝わりません。

転職者・未経験者の自分がなぜ面談に応じさせてもらえたのか、どんな人材を欲しているのかなど、こちらから質問していくことで、熱意も決意のほども伝わるものです。